久喜

【インタビュー#006】mikiさん

interview

数あるブログの中から見つけてくださってありがとうございます。
「一日一善」をモットーに少し笑えてタメになる情報の発信を目指しているわらタメです。

わらタメ大好き企画、お仕事インタビュー!

今日は、わらタメのロゴを作成して下さった、Williams Design Studioの「miki」さんにインタビューさせていただきました。

わらタメ

mikiさん、今回はインタビューをお受けいただきありがとうございます!
そして、わらタメに素敵なロゴをご提供いただき、本当に本当にありがとうございます。

mikiさん

よろしくお願いします!

わらため家がいつもお世話になっている「Williams」でドリンク・ホールスタッフとして働くmikiさんは、Williamsのデザイン事業部である「Williams Design Studio」のデザイナーさんとしても活躍されています。

わらタメ

mikiさんとWilliamsさんの出会ったきっかけはなんだったんですか?

mikiさん

Williamsがまだアパレルのセレクトショップだった時代に、私のお兄ちゃんがお客さんとして通っていて。
飲食店として今の場所にオープンするのが決まった時に、お兄ちゃんから「Williamsで働いてみたら?」と声をかけてもらったのがきっかけだったんです。

わらタメ

お兄さんがきっかけだったんですね!
大学ではどんなことを学ばれていたんですか?

mikiさん

美学や美術史について学んでいました!

在学中に学芸員の資格を取得したので、仕事にも繋げたかったのですが、なかなか踏み出せず。
大学時代にカフェのバイトを経験したのもあって、カフェを運営している会社に就職しました。

わらタメ

そこでの経験が、今のWilliamsのスタッフとしても生かされているんですね!

その後、また別の仕事をご経験されたとのことですが、どういう経緯で新しい仕事を始めたんですか?

mikiさん

もともと旅行が好きだったので、正社員よりももっと時間を自由に使えるアルバイトでもいいのではと思い、まずはカフェでの雇用形態を社員からバイトに変えました。
それから掛け持ちで、大学生の頃から興味を持っていた、村上隆さん率いる、アートの総合商社「カイカイキキ」で働き始めました。

飲食での社員を辞めようか悩んでいた時に、元々憧れていたカイカイキキの求人を見かけて、「これはそういうタイミングなのかもしれない!」と感じ、思い切って環境を変えてみました。

わらタメ

mikiさんにとっての大きな一歩だったんですね。

旅行、私も好きなんですが、mikiさんが特に好きな場所ってどこですか?

mikiさん

韓国と福岡ですね!

どちらもとても好きなので、コロナ禍前は毎年のように訪れていました。
カフェ文化や食べ物が最高なので、コロナが落ち着いたらまた行きたいです☕️🍗‼︎

これ以外に訪れた土地にも色んな良い思い出があって、お話しするのに選びきれないのですが…
全部の土地で言えることは、どこも景色がとても美しく、その景色が印象に残ってることが多いです🌃🌇🏙

旅行は非日常なので、その景色の中にいたり、眺めてるだけでも退屈しないし、本当に幸せな時間だと思えるので、旅行が大好きで、一生し続けたいです✈️

わらタメ

あ〜〜私も旅行したくなってきました!

わらタメも福岡・韓国ともに大好きな場所なので、ぜひまた今度旅行談義に花を咲かせましょう✨

カイカイキキではどんなお仕事をされていたんですか?

mikiさん

当時のカイカイキキは、中野ブロードウェイの中にいくつかのギャラリーを持っていて、そこの運営をしてました。

主にアニメ漫画、現代アート、骨董の3ジャンルのギャラリーがあり、作家さんとのやりとりや、設営、撤去、作品の販売やレセプションなど、様々な業務を行っていたんです。

わらタメ

いろんな業務をされていたんですね。
特にどんな作業が好きでしたか?

mikiさん

中でも好きだったのは「設営」でした。

大学で学芸員の資格を取っていて、元々作品の取り扱いを学びたかったので、実際に作品を展示する作業は、とても神経を使って大変でしたが、1番やっていて楽しかったです!
(社長の前で作業するのは死ぬほど緊張しましたが・・・笑)

私自身、絵を描くのは小さい頃から好きだったのですが、本格的に学んでないし、自信もないし、、というネガティブを発揮して育ち…笑

でも、美術が好きだし、裏方のお仕事も楽しそうだなという思いから、学芸員の資格を取ったりギャラリースタッフとしての仕事を経験しました。
カイカイキキの同期や先輩方がすごくいい方たちばかりだったので、厳しい環境ではありながら、楽しむことができました!

わらタメ

そして今は、Williamsで、mikiさんのパワーが発揮されていますね!

mikiさん

Williamsでは、のびのびとやらせていただいてます。
やっぱり描くのは楽しいし、「凄いね!」などと言ってもらえるのはとても嬉しいことだと、日々実感しています。

わらタメ

Williams店内外の壁面のデザインや、ビール瓶に貼りつけられたステッカーのデザイン、テイクアウト用のPizzaの箱など、mikiさんの素敵なデザインで溢れているWilliamsさん。お店の居心地の良さに、mikiさんのデザインが影響していること、間違いありません!

Williams Design Studioの誕生秘話を伺ってもいいですか?

mikiさん

Williamsではオープニングから働かせてもらっていて、私が絵が好きだということをオーナーのYoshiさんが見越してくださってたんです。
はじめは店内外のペイントなどを任されました。

入った当初は、Williamsでは飲食のお仕事!という気持ちで臨んでいたので、アートに携わる仕事も並行して探していたのですが、コロナの影響もあり、職探しがなかなか上手くいっていなかったんです。

そんな時に、同じスタッフであるYumikoさんと2人で話す機会があり、私の理想とYumikoさんのご提案が合致したんです!

それが

「Williamsでデザインの仕事をいただいてそこに自分が携わる」

と言うことでした。

わらタメ

飲食とデザインの仕事、両方が実現する場所がWilliamsだったなんて…!人生、全て繋がっていますね。

Yumikoさんとのお話の後、Yoshiさんとはどう話が進んでいったんですか?

mikiさん

ここでも私のネガティブな部分が発動してしまい…笑

デザインやペイント初心者の自分が…
プレッシャーに弱いし…

と、なんやかんや理由をつけて、自分がここでデザインの仕事に携わる、という考えが、おこがましく感じて、表に出せないままでした。

そんな時に、Yumikoさんが一言。

「よしさんが取ってきたデザインやペイントの仕事をmikiちゃんがやるって言うのはどう?」

と言ってくださったおかげで、「本当はそういうのが理想でした」と伝えることができました。

そこから、Yoshiさんともお話をさせていただいて、Williams Design Studioが誕生しました。

わらタメ

スタッフ同士の化学反応で、新しい価値が生まれた瞬間ですね!

「Williams Design Studio」として、これまでに手掛けられた作品やこれから制作予定のものについて伺ってもいいですか?

mikiさん

最初に手掛けたのは、バーバーショップのスタイリストの方のアイコン的なもののデザインでした。

他には、
・クラウドファンディングの返礼品のビールラベルのデザイン
・メキシカン料理屋さんの外壁のペイント
そして、わらタメさんのブログのロゴです!

今後は、
・車の窓ガラスへのペイント
・リニューアルオープンするカフェの窓ガラスへのペイント
・クラウドファンディング返礼品Tシャツ作成(シルクスクリーンの転写作業)

などがあります。

わらタメ

これからもmikiさんのデザインが多方面で展開されるのが楽しみです!

最後に、今後の意気込みをお願いします!

mikiさん

自分の経験を自信に繋げ、Williamsのお店もDesign Studioの両方の飛躍に向けて、しっかりとお仕事させていただきます🥺🔥

なので、これからもWilliamsをどうぞ宜しくお願い致します🙇‍♀️✨

わらタメ

いつもお世話になっているWilliamsさんの今後のご活躍、mikiさんのデザイナーとしてのご活躍、どちらも家族一同これからも応援させてください!今日は本当にありがとうございました!

mikiさん

ありがとうございました!

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。
わらタメは素敵な人との出会いに恵まれてるね、のポチッありがとうございます。


にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

ブログを読んでくださったあなたにとって素敵な1日になりますように。

ブロガー
わらタメ
夫・3歳男の子・1歳女の子の4人家族で、社会人10年目のワーママです。 「一日一善」をモットーに少し笑えてタメになる情報を日々発信しています。 子育てのこと、仕事のこと、人生のことなどを日々綴っています。