子育て

洗えて暖かい冬の布団は、ニトリのNウォーム一択!

数あるブログの中から見つけてくださってありがとうございます。
「一日一善」をモットーに少し笑えてタメになる情報の発信を目指しているわらタメです。

寒い、寒い、寒い!

12月も中旬になり、やっと本格的な冬到来!といった日が続いていますね。
そんな2021年冬、我が家が導入した新しい布団のご紹介をしたいと思います。

Nウォーム最高や

最近テレビをほとんど見ていない(息子のYouTube視聴で占拠されている・・・)のですが、ニトリのNウォームってテレビCMなどもやってるんでしょうか?

これまで、夏にひんやりを感じられるNクールの商品は何度か購入したことがあったのですが、冬のあったか系のものは買ったことがなかったんです。

しかし、子供二人の寝相の激しさと自分の体の衰えから、冷えにはかなり敏感になってきていますし、子供たちが夜寝てる間に寒くて体調を崩すなんてことは絶対避けたい。

そんな思いから、あったかくてしかもケアが簡単な布団を探してみたら、ありました。

Nウォームが。

科学の力であったかいNウォーム

ロゴや社名の由来、創業ストーリーなど、何かとそういう「開発秘話」的なことが好きなわらため。

ニトリにもこんなページがありましたよ。

「お、値段以上。」創造ストーリー


ニトリ 公式サイトより

現在掲載されているストーリーは3つ。

  1. ニトリのランドセル「わんぱく組」シリーズ
  2. 科学のチカラであたたかい「Nウォーム」
  3. おしゃれで便利な鋳鉄製フライパン、スキレット

詳細はぜひ上のリンクから読んで見てくださいね。

子育て中の布団選びのポイント


そして、子育て中の我が家が、布団選びで考えるポイントは3つ。

  • 洗えるか!
  • すぐに温まり、暖かさが持続するか!
  • リーズナブルか!

①洗えるか

まず、1つ目。
子供が小さいうちは、どうしても、おねしょをしてしまったり、何かをこぼしてしまったり、「汚れ」とは日々闘いになります。

軽くて快適なちょっとお高い、羽毛布団を購入したとしても、子供のせいで汚れてしまったら・・・
いろんな想いが込み上げてきますね。笑

そんなNウォームは、ネットに入れて洗濯機で洗うことができます

②すぐに温まり、暖かさが持続するか

この2つ目のポイントが、Nウォームの凄さですね。

素材メーカである、「東洋紡」と共同開発したこの製品。

「吸湿発熱」というのがポイントです。

吸湿発熱というのは、カラダから発散される水分を熱に変えることで、肌に触れた部分から、じんわりあたたかくなり、その暖かさが長続きします。


ニトリ 公式サイトより

寝床内の水分を吸収して熱に変換するんだそうです。ほえ〜

なんと言っても、冬に布団に入った瞬間の、「さむっ」という関学を軽減してくれるのが、ありがたい。
Nウォームスーパーという商品だと、毛先が細くなるよう繊維に加工を施されているため、肌と繊維の接触面積が減李、体から奪われる熱が少なくなるんだとか。

そして、空気を多く含むことのできる繊維の構造になっているので、温まった空気が布団内に止まって、暖かさが持続するそうです。

リーズナブルか

何と言っても、やっぱり、値段ですよね。
1つ目にも書きましたが、羽毛布団はやっぱり高い!
でも、ポリエステルだと、寒くて毎日ガクブル・・・

今回わらためが購入したNウォームの掛け布団は、こちら。

そのまま使える吸湿発熱 掛け布団
シングル(Nウォーム BE i-n S)




これ、布団カバーつけずにそのまま使えるんです。
肌触りがめちゃめちゃ気持ちいい。

さてさて、いくらだったかな、と購入履歴を見て見ると。



久喜店で購入。
5,990円ね。

さて、商品ページをもう一回見て見るか。



え!
12/17に1000円も値下げされとるーーー!!!笑

いや、でもこの1ヶ月間、この暖かさの恩恵を受けまくってるので、損なし。(涙目)
「寒い〜〜〜」という思いを1ヶ月間我慢することを考えたら、むしろお得。(必死)

というわけで、個人的に今年買ってめちゃめちゃよかったものTOP5に入るくらいおすすめしたい、ニトリのNウォーム。

今年は、あったかい眠りに、ついてみませんか?


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

にほんブログ村の「ワーキングマザー育児」のランキングに参加中です👑
ちょっとニトリに行ってみようかな?のポチッをいただけると、更新の励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

今日も皆さんにとって素敵な1日となりますように♪

ブロガー
わらタメ
夫・4歳男の子・1歳女の子の4人家族で、社会人10年目のワーママです。 「一日一善」をモットーに少し笑えてタメになる情報を日々発信しています。 子育てのこと、仕事のこと、人生のことなどを日々綴っています。