女性

最後のとき

数あるブログの中から見つけてくださってありがとうございます。
「一日一善」をモットーに少し笑えてためになる情報の発信を目指しているわらタメです。

先日、Instagramでも少し書いたのですが、今日は私の好きな「子育て」に関する詩である「最後のとき」を紹介します。

前に紹介したこちらの詩もすごくおすすめです。

最後のとき(The Last Time)

赤ちゃんを その腕に抱いた瞬間から
あなたは これまでとは全く違う 人生を生きる

以前の自分に戻りたいと 思うかもしれない
自由と時間があって 心配することなど何もなかった
あの頃の自分に

今まで経験したことのないほどの徒労感
毎日毎日 まったく同じ日々で

ミルクを与えて 背中をさすってやり
おむつを替えては 泣かれ

ぐずられて 嫌がられて
昼寝をしすぎてもしなくても心配で

終わることのない永遠の繰り返しに 思えるかもしれない

だけど 忘れないで

すべてのことには「最後のとき」があるということを

ご飯を食べさせてやるのは これが最後 というときがやってくる

長い一日のあと 子どもがあなたの膝で寝てしまう
だけど眠って言う子どもを抱くのは これが最後

子どもを抱っこ紐で抱えて出かける
だけど 抱っこ紐を使うのは これが最後

夜はお風呂で髪を洗ってやる
だけど 明日からはもう一人でできる と言われる

道を渡る時には 手を握ってくる
だけど 手をつなぐのは これが最後

夜中こっそり寝室にやってきて ベッドにもぐりこんでくる
だけどそんなふうに起こされるのは これが最後

昼下がりに歌いながら 手遊びをする
だけど その歌を歌ってあげるのは これが最後

学校まで送っていけば 行ってきますのキスをしてくる
だけど次の日からは一人で大丈夫 と言われる

寝る前に本を読み聞かせて
汚れた顔を拭いてやるのも これが最後

子どもが両手を広げて あなたの胸に飛び込んでくるのも
これが最後

だけど
「これが最後」ということは あなたには分からない

それがもう二度と起こらないのだと気づくころには
すでに時は流れてしまっている

だから今、あなたの人生のこの瞬間にも
たくさんの「最後」があることを忘れないで

もう二度とないのだと気づいてはじめて
あと一日でいいから
あと一度きりでいいから と切望するような

大切な「最後のとき」があることを

作者不詳 最後のとき

いかがでしたでしょうか。
これ、マイノートにも書き込んだんですが、書いているうちに涙流れました@スタバ。

本当に幸せ~~~と
本当に大変~~~もう無理~~~の感情が
つねに行ったり来たりな子育ての日々。

子育てに限らず、親や友達との関わりや仕事でもなんでも
様々な経験をする私たち。

今普通に生活できることが当たり前だと錯覚してしまうけれども、
明日何が起こるか分からない。

もしかしたら、今日も
あなたにとって、なにかの「最後のとき」を迎えているかもしれない。

今日も朝が迎えられて、家族がいて、仕事が出来て。
もうそれだけでハッピー。

と、毎日思える余裕が持てるようになりたいもんです。(笑)
ではまた!

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

「にほんぶろぐ村」のランキングに参加しています。
刹那的だからこそ美しいのよねぇ〜のポチッをいただけると、更新の励みになります。
ありがとうございます。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

今日も一日を大切に。ご自身にとって大切な時間をお過ごしください。
わらためでした。

ブロガー
わらタメ
夫・3歳男の子・1歳女の子の4人家族で、社会人10年目のワーママです。 「一日一善」をモットーに少し笑えてタメになる情報を日々発信しています。 子育てのこと、仕事のこと、人生のことなどを日々綴っています。