生き方

210520 「終わり」から描く

「死」について考える。

どうも。
あっちむいてふんぃーです。

みなさん、この本、読んだことありますでしょうか。

「死」とは何か イェール大学で23年連続の人気講義 [ シェリー・ケーガン ]
価格:2035円(税込、送料無料) (2021/5/19時点)

私はまだ読んだことないのですが、
最近「新R25」に転職されたYouTuberのサラタメさんが
以前紹介していたので、少し内容を知ってる、くらいです。

全人類共通のゴール、それが「死」。

その「ゴール」に向けて今、何をするか。

現時点の私にとっては、

私が死んでも、家族が普通に過ごせる、ことだと思っています。
そのために、家の中のモノを必要最低限に減らして、

・要らないものは捨てて
・どこに何があるかわかりやすく
・スッキリしていて気持ちいい

そんな家に常にしておきたいな、と思うのです。

縁起でもないですが、人生何が起こるかわかりません。

そんな中、まだ3歳と0歳の子供たち。
と40歳の旦那さん。

もし急に、何かが起こって私が「死」というゴールに到達してしまったとき、
家族が困らないようにしておくことが、私の、この家族の中での「母」としての使命かな、と。

出産してから、たびたび思います。

すみません、急に暗い話オーラですが、むしろ逆です。

自分が「死」に直面したと想像して、
「あああ・・・オムツはあそこ・・・ミルクは・・・夏服・・冬服・・・あとは・・・」

みたいに、心配事が走馬灯のように流れ、
引き継ぎ失敗・・・!みたいな気持ちで
天国には行きたくないんです。(天国行く前提よっ!)

何が言いたいかよくわからなくなってきましたが、
「死」というゴールを前向きに受け止め、
自分が死んだらどうしよう、という不安を少しでも減らし、
最後に、お葬式とお墓について、きちんと自分の思いを残しておこうと思います。
(遺言か?これ)

⭐️お葬式はせず、家族と大事な友達で美味しいご飯を食べて欲しいです。
⭐️お墓は作らず、海洋散骨して欲しいです。

そんな「終わり」を思い描くのも、楽しいかな?と思うんですが、いかがでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログ村のランキングに参加しています。

2021年の目標は、
ワーキングマザー育児部門20位以内に入る」ことです。

現在、18位!さらに上を目指して明日からも更新頑張ります。

ブログランキングは、特に登録などせずにポチッとしていただけますので
クリックしていただけると更新の励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ

にほんブログ村

ブロガー
わらタメ
夫・3歳男の子・1歳女の子の4人家族で、社会人10年目のワーママです。 「一日一善」をモットーに少し笑えてタメになる情報を日々発信しています。 子育てのこと、仕事のこと、人生のことなどを日々綴っています。