仕事

石鹸?英語で?絶対絶対落ちたな、と思った最終面接(後編)

数あるブログの中から見つけてくださってありがとうございます。
「一日一善」をモットーに少し笑えてタメになる情報の発信を目指しているわらタメです。

就活話だけでこんなに書けると思っていませんでしたが、思い出すと色々出てくるものですね。

さて、そんな就活話もいよいよ最後となります。

日本で消費されている石鹸の数は何個?

こんなお題を与えられ、あとでホワイトボード使って説明してね、と言われたというところまで前回お話ししました。

皆さんだったら、どうやって説明しますか?

これは、正解は〇〇個でした〜〜という答え合わせがあるわけではありません。
会社側は何を見たかったのか。

それはきっと、「課題に対して自分なりに答えを見つけて相手に説明して解決の方向に持っていく力」を見たかったんだと思います。

事前に準備していた自己PRをテンプレのように読み上げるよりも、絶対に事前準備できないテーマの説明をさせる、というのは、すごくいい課題だな、と今になったら思います。

ただ当時のわらタメは頭、真っ白。



控室で面接を受けるわらタメと二人の男性。

わらタメ

日本の人口って、1億…何千人でしたっけ??
あははは〜

と、ほぼ独り言を呟いた後、ボールペンの走る音だけが響く控室。

いざ、面接会場へ移動です。

ドイツ人の迫力よ

もう、石鹸のことしかほぼ覚えてなくって、面接時の会社側のメンバーもうろ覚えですが、おそらくこんな感じでした。

  • 社長(日本人)
  • 副社長(ドイツ人)
  • 企画本部長(日本人)
  • 事業部長(ドイツ人)
  • 人事部長(日本人)
  • 人事担当(日本人)

石鹸をテーマにプレゼンしていることでもビビっているのに、座っていても伝わるドイツ人のガタイの大きさと狩人のような目元。
ビビり倒して、もはや石鹸のことも全然説明できないんじゃないか、脳内 大パニックです。

通訳さんはどこですか?

「英語でやってもいい」「日本語でもいいってことですか?」のやりとりをした人事担当の方との電話を思い出しました。

いざ面接が始まると、私以外の二人は英語で話し始めています。
や…やっぱそうよな。ドイツ人もいるし、英語でアピールするのが普通よね。

でも、その二人の英語がそこまで流暢ではない…
なんなら、言いたいことが全力で伝わってる感はないぞ…!
石鹸の説明についていえば、日本語でもよくわからん話なのに、英語となると全然伝わらんぞ。

そんな印象を受けました。

これなら、「英語で」伝えることが今、最重要じゃないかもしれない
そう感じたわらタメは、予定通りガンガン日本語で喋りまくりました。

そして、残りの二人も、志望動機や学生時代の話になると、日本語に切り替えている部分も出てきたので、よし、戦いの土俵が同じになってきたぞ、と少し自信を取り戻すことができました。

そして、「当日は通訳がいるので、日本語でやってもらっても大丈夫ですよ」と言われて安心しきっていましたが、どうやら通訳専門の方がいるわけではなく、ドイツ人の両隣にいる方々が所々英語にしてわらタメの話している内容を伝えてくださっている…!!

そして極め付けは、ある人は紙の辞書でその場で調べてるやん٩( ᐛ )و!!!



石鹸のプレゼン、志望動機、学生時代の話など、わらタメが日本語で話した内容を、今、この場で紙の辞書で調べて説明しようとしている人がいる…


本当にすみません。

と思ったと同時に、

これ、通訳ちゃうやん…!!

そう思ったのは、私だけではなかったはずです。

そして、わらタメが今この場でアピールできるとしたら、ドイツ語だ。

そう思ったわらタメは、「最後に何か言いたいことはありますか?」という質問に対して、事前に一応考えておいたドイツ語で喋ろうと思っていた内容を、二人のドイツ人の目を見て伝えました。

「ドイツのハンブルクに1年いました。その経験を活かして、人々の橋渡しのような存在になりたいです」

そんな感じの内容を伝えたんだと思います。(うろ覚え)

そして面接が終了。
今までのどんな面接よりも全く手応えのなかった面接。

自分以外の二人は、やっぱ英語で話してたしなぁ…

わらタメ

こりゃ落ちたわ。


そう思いました。最後にドイツ語話したけど、ガンガン日本語だったし、石鹸の話、結局めちゃくちゃデタラメな内容でプレゼンしたし。

わらタメ

絶対落ちたわ。

帰宅後、そう親に伝えた記憶があります。

やっぱり、英語で話すべきだったかなぁ。
そうやって落ち込んでいたわらタメに、一本の電話が。

人事担当

今日は面接ありがとうございました。
合格です。

わらタメ

!?!?!?

まさかの、合格

わからんわ〜就活、わからんわ〜〜!!

大学4年の10月末。
無事に内定をもらうことができ、後は卒業するだけ。
卒論もなんとか書き上げ無事に卒業し、晴れて4月から社会人になることができ、現在に至ります。

同期と仲が悪い話、福岡での研修中に作業服がパッツンパッツンだった話、終電で乗り過ごして軽トラのおっちゃんに送ってもらった話など、社会人になってからもどうしようもないエピソードばかりが積もり積もっていくわらタメですが、タメにはならないけど、楽しくお読みいただけると嬉しいです。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村のランキングに参加中です👑
無事採用されてよかったね、のポチッをいただけると、更新の励みになります。

もしよろしければ下のアイコンのクリック、お願いします♪

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

今日も素敵な一日をお過ごしください!

ブロガー
わらタメ
夫・4歳男の子・1歳女の子の4人家族で、社会人10年目のワーママです。 「一日一善」をモットーに少し笑えてタメになる情報を日々発信しています。 子育てのこと、仕事のこと、人生のことなどを日々綴っています。