暮らし

トイレに思いやりを。

数あるブログの中から見つけてくださってありがとうございます。
「一日一善」をモットーに少し笑えてタメになる情報の発信を目指しているわらタメです。

先日、電気屋さんに行った時のこと。
トイレに入ると、ふと目に止まったこちらのポスター。

結構いいこと書いてあるやん、と思ったので紹介させてください。

外出先でのトイレって、「掃除できてないなぁ〜」と思いがちですが、その前に「汚している」人たちがいるんですよね。

駅のトイレだと、結構な確率でペットボトルや、コンビニで買ったもののゴミがポン、と置いてあったり。
流してなかったり・・・トイレットペーパーが落ちていたり。

清掃の仕事には就いたことがありませんが、こういうトイレをどんな気持ちで掃除してるんだろうな、と思うと、そんなに汚く使うことってできない気がしますが、なかなかそこまで気にかけるのって、普通に生活してると難しいです。

ただ、このポスターをみて、自分の身が引き締められたというか。
たかが、トイレ。されど、トイレ。

4歳息子と1歳娘のトイレは、まだまだ私がついていかないと成り立たないので、汚れることはそんなにありません。

しかし、子供たちがもう少し大きくなって自分達でトイレをするようになった時、このポスターを貼っておくのもいいかな?なんて思ったりしました。

駅のトイレとか、商業施設のトイレにも「節水!」とかよりこういうポスター貼った方が効果あるんじゃないだろうか?

では、中身を見てみましょう。

・友達の家でも、おなじようにトイレを使いますか?

・無人島よりひとりになれる。

・誰も見ていなくても、トイレの神様は見てるかも。

・汚れたトイレでは、泣きたいときに泣けない

・使いすぎた紙は水に流せても、罪の意識は水に流せない。

・便座に冷たくされたからといって、便座に冷たくあたってはいけない。

・おしりの汚れは気にする。トイレの汚れは気にしない。

・トイレはみんなの部屋だから。便座はみんなのイスだから。

・綺麗なトイレは、無料でプレゼントできる。

いかがでしょうか?
トイレならではなフレーズもたくさんありますが、これって、トイレに限らず、自分以外の人も使う様々な場所にも共通していえることな気がしました。

外出先だけでなく、家の中だって同じ。

自分以外の家族も使うとなったら、そこは「みんなのもの」。
相手を思いやる気持ちを持って生活したいですね。

最後の「綺麗なトイレは、無料でプレゼントできる」っていうの、すごく素敵だと思いました。
前に使った人が綺麗に使ってくれたから、自分が快適に使える、と思うとちょっといい気持ちになるような気がします。

皆さんも、トイレを利用するとき、ぜひこのポスターのことを思い出してみてください。

ちなみに、我が家のトイレ掃除担当は、夫のわら夫さんです。
掃除、いつもありがとーーーー!!!

最後に、懐かしのこの曲をご覧ください〜

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

「にほんぶろぐ村」のランキングに参加しています。
トイレの神様、懐かしいね・・・のポチッをいただけると、更新の励みになります。
ありがとうございます。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

つい先日までエアコン全くつけていなかったのに。
急に一日中つけっぱなしにしなくちゃいけない天気でヘトヘトです。
水分補給しながら、過ごしましょう〜

ブロガー
わらタメ
夫・3歳男の子・1歳女の子の4人家族で、社会人10年目のワーママです。 「一日一善」をモットーに少し笑えてタメになる情報を日々発信しています。 子育てのこと、仕事のこと、人生のことなどを日々綴っています。