生き方

210626 お馬さんとお水



正直に自分の無知を認めることが大切だ。
そうすれば、必ず熱心に教えてくれる人が現れる。

ウォルト・ディズニー


友達の話を聞いたり、仕事での話。
知らない=舐められると思って
知ったかぶりしてしまうこと、あります・・・。

でも、謙虚な姿勢で、
「なになに?知らないから、教えて欲しい!」
と聞けることの方が
何倍も素敵かもしれない。

数あるブログの中から見つけていただき
ありがとうございます。

「一日一善」をモットーに
少し笑えてタメになる情報発信を目指している
わらタメです。


今日は、お馬さんとお水、の話です。

  


*********


あの人が悪い。

わたしは悪くない。

あの人は間違っている。

わたしは間違っていない。



すごくイライラすることでも

ちょこっとイラッとすることでも

こういう対立構造って、

すぐに生まれてしまいます。

言葉にしなくても、自分の中で。


「過去と他人は変えられない」


この言葉、

他人は変わらないから、諦めろ。

ということではなく

変わるかどうか決めるのは相手の課題

ということなのではないか。

それを説明するのにわかりやすい例えが

お馬さんと水」なのです。



あなたが、お馬さんと一緒に放浪していると想像してください。



そろそろお水を飲ませなきゃ、と思って

水辺に連れていきました。

でも、お馬さんは今そんなに喉が渇いていないから

水を飲みませんでした。

あなたは、お馬さんに水を飲むことを強要することができますか?

「馬を水辺に連れていくことはできるが、水を飲ませることはできない」

すごく簡単な例えですが、「これは誰の課題なのか?」「他者の課題には踏み込まない」ということを凄くわかりやすく教えてくれる、いい例だな、と思いました。

「嫌われる勇気」に出てくる

「課題の分離」のお話でした。


*********


上の子(わら太郎)が3歳になり

そろそろ習い事始めなきゃいけないのかな・・・

と漠然とソワソワしていたこの頃。


例えば、わら太郎が「サッカーやりたい!」と言ったとして、

親としては「野球をやって欲しいんだよな・・・」と思っても

決めるのは、わら太郎の課題。



しかも、習い始めて2〜3ヶ月経って、「やっぱりやめる!」と言っても

継続は力なりだから、続けなきゃダメでしょ。もうちょっと頑張りなさいよ!

と言ったところで、本人の思いは変わらないかもしれない。

でも、それを「そうだねそうだね。」と思考停止で放任し続けるのではなく、

・サッカーを続けたらこんな未来が待ってるかもよ?
・次は野球をやってみるのはどう?
・またやりたくなったらサッカーやってみるのもいいかもね
・テニスも楽しいよ

などなど・・・

選択肢やきっかけを提供すること。
でも、実際にどうするかは、子供が決めること。子供の課題。


親の期待に沿う選択ではなく、自分が信じる最善の選択をしてもらえたらいいな。

その手助けをするのが、親の役目なのかな、と、そう思いました。

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

お馬さんを水辺に連れていくことなんてないけどな、の
ポチッ、ありがとうございます。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

今日も皆さんにとって
素敵な一日となりますように。

ブロガー
わらタメ
夫・3歳男の子・1歳女の子の4人家族で、社会人10年目のワーママです。 「一日一善」をモットーに少し笑えてタメになる情報を日々発信しています。 子育てのこと、仕事のこと、人生のことなどを日々綴っています。